不動産管理では具体的にどんなことをするの?

不動産管理ってどんな仕事?

入居者対応の仕事って?

不動産の仕事というと、マンションやアパートなどを賃貸する際にお世話になるだけだと思っていませんか?
確かに、土地や建物を売買したり、賃貸する際の仲介も不動産業の大切な仕事です。
ただ、これは「宅地建物取引業」という不動産業の一部でしかないのです。
では、他にどんな仕事があるのでしょうか?

不動産業とは、宅地や建物の売買や賃貸だけでなく、マンションの管理や宅地でない土地(山林や農地)の売買など不動産に関する取引全般の仕事をさします。
このサイトで紹介するのは、不動産管理業です。
不動産管理業という言葉はあまり聞いた事がないかもしれません。

簡単に言うと、不動産の取引によって得られる収入をより大きくするために行う仕事全般のことを、不動産管理業といいます。
この仕事は免許などが必要なく、誰でも行うことができますので、オーナー自らが管理業務を行う場合と、管理会社に管理を任せる場合があります。
社会人で、投資用に不動産を購入したりすると、自分で管理するのも難しいし不動産管理会社に管理を任せる方が多いと思います。
では、不動産の取引というものは、どのようにしたら収入を多くできるのでしょうか?
普段の生活で、不動産の仕事を説明してもらうことってなかなかありませんよね?
しかも、誰も知らないようなことでもないし、他人には聞きにくい感じがしませんか?
そんな人のために、このサイトでは、不動産管理業がどんな仕事なのか詳しく説明していきます。

↑ページの先頭へ