不動産管理ってどんな仕事?

不動産の仕事ってどんな仕事なのか知っていますか?

家賃・契約関連の仕事

入居者関連といえば、家賃のことは思いつきますよね。
まずは家賃の回収が大事です。
管理者は、毎月入居者から家賃を回収します。
また、期日までに家賃を払わない入居者がいた場合に、家賃の督促を行います。
ただ、これらの仕事は代行業者も増加してきたため、不動産管理業には含まれないことが多いです。

次に大事なのは、契約に関する仕事です。
賃貸借契約は基本的に2年契約ですので、その期間に応じて契約を更新しなくてはいけません。
契約を更新するために必要となる書類のやり取りや、署名捺印の取り付けなどを行います。
さらに、賃貸物件に入居をする人は火災保険に加入しますが、この保険の契約に関連する事故が発生した場合、事故現場の検証や保険会社への書類の提出を行います。

クレーム対応・オーナーに代わる仕事

次に、クレーム対応の仕事について説明します。
管理者は、入居者のクレームに対し、円満に納得して解決できるよう、調整をします。
入居者からのクレームは様々な種類がありますが、トラブルとして多いのは、近隣の騒音問題、部屋の設備の故障、水漏れといったものです。

最後は、管理者がオーナーに代わって行う仕事です。
退去時の立会いに関連する仕事が、それにあたります。
入居者が退去することになった時、オーナーに代わって立会いを行います。
そして、退去する時の部屋の状態に応じて現状回復費というものを請求します。
あまりにもひどい状態で立ち去られても困りますからね。
オーナーが入居者ともめないようにしなければいけないため、管理業務の中でも負担が大きい仕事です。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ